手術を受けたのは、うちのこじゅ(虎十郎)です。
こじゅ
病院にて(12/3)


先週初め、朝から吐いてばかり、多分、猫草などを
食べすぎたせいかなと思っていたのです。
でも吐き気止めの薬も効かない、
血尿まで出てきてしまった 

おねぇちゃんが思い当たることを調べてみた。
そうや、キラキラボール
これが特にお気に入りで、かみかみもしていたことを思い出した。
レントゲンをとると予想通り、小腸の途中で止まっている、
バリュウムでも流れない、このままでは壊死してしまう~!!

動物病院の先生も予定外にもかかわらず、
土曜日の午後、緊急手術して下さった

腸は赤く腫れて膨らんでいたものの、
幸い壊死はしていず、切開して取り出すことができた。
長さ4cmX幅2cm 多分2こ分はあるみたい。

やっぱり、最後に取り上げておくべきでした!
術後の経過も順調で、今日、無事退院できました


でも、重大なことがわかってしまいました。
レントゲンに写っていた、彼の脊椎は変形してくっついてしまっている、
ということは、どういうことかというと、
一生、後ろ足で立つことも自立排尿も無理だと・・・
すごいショックです、毎日がんばってきたのに
おねぇちゃんは耐え切れず、号泣してしまいました。
それでも、いつか、この子に奇跡が起こることを信じて祈りたい
Secret