上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりに突然のことで、心の整理がつかず、
カメラにも触れられないほど、辛い出来事が起こってしまいました。

4年前、兄妹で里子に渡した猫の1匹が病院の処置中に
突然、パニックを起こして、ショック死してしまいました。
聞いた私達もショックで言葉を失い、信じられなくて・・・
どんなに怖かったことか、何でこんなことになってしまったのか。
もしかして、うちのこになってたら・・・いろんな思いが頭をぐるぐる。
そして、何もわからず、ひとりになってしまった、もう1匹の猫は、
この先、毎日、飼い主さんが帰宅するまでの淋しい時間をひとりで
耐えていかなければならないかと思うと、また不憫でなりません。

7年前、うちの政宗にぃもワンコのあんを亡くした時、淋しさのあまり、
病気になってしまったことを思い出してしまいます。
ひたすら、亡くなった猫の冥福を祈り、残った猫にエールを送っています

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。